「手紙に添える挿絵(似顔絵編)」終了しました

東京での勉強会、第二回は水彩の風景画アーティスト、
長谷川聖子(はせがわみな)さんに「シンプルだけどとっても
似ている!」と言われる似顔絵を描くコツを教えていただきました。

今回のテーマは自分の似顔絵ということで、まず自分の顔が
どの形に分類されるか、パーツはどうか、など分析をしていくところから
お話がスタート。皆さん、ご自分の顔を鏡で見たり、写真を見ながら
ふむふむと興味深いご様子。

次に、では有名人を描くとどうなる?という具体例ということで
先生が描かれた作品の紹介へ。
どの作品もレベルが高く、皆さん感心しつつもちょっと不安な面持ちに…。

そんな不安も長谷川さんの楽しいトークにどこか行ってしまったのか、
皆さん、積極的に練習を開始!

油性ペンと水彩ペンなど上手な使い方を習いながら何枚も何枚もひたすら練習。

3枚ほど書いたところで、参加者の皆さんそれぞれの「似顔絵」に近づいてきました。

最後には個性豊かな作品が出来上がり♪

その後の交流会も長谷川さんの世界での旅とアートのお話を聞きながらの
和気あいあいとした楽しい会になりました。

 

ワークショップの様子はこちら。会の雰囲気をお楽しみください。
うさぎの会 東京「手紙に添える挿絵(似顔絵編)」2011.09.27


カテゴリー: うさぎの会, うさぎの会(東京)   パーマリンク

コメントは受け付けていません。