Carta Bianca うさぎの会(東京)「手紙に添える挿絵(似顔絵編)」

うさぎの会は主に仕事で紙に携わる方の集まりです。

東京での勉強会、第二回目は「手紙に添える挿絵(似顔絵編)」を開催します。

今回講師をしていただくのは、長谷川聖子さん。
普段は水彩の風景画アーティストとしてご活躍中ですが、今回は手紙に添える
似顔絵の描き方をご指南いただきます。
意外と描く機会がない似顔絵ですが、相手に雰囲気が伝わる
シンプルな技法を教えていただきます。
まずはご自分の似顔絵に挑戦して、コツがつかめたら似顔絵を贈りたい方への
作品作りにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

作品の題材用としてご自分、または描きたい方の写真をご持参ください。

場所  ウイングド・ウィール表参道
日時  2011年9月27日(火)19:00 〜 21:00
参加費 2,000円(紙・筆記具等の材料費込み)
※ご自分の写真と、できれば「手鏡」(コンパクトで可)、普段お使いの筆記具(色鉛筆やカラーペン)をご持参ください
定員  8名

ご予約はこちら ssb@cartabianca1918.com
(定員になり次第受付を終了させていただきます)
※「Carta Bianca うさぎの会」の勉強会となります。
 うさぎの会に会員登録されていない方は、
 申し込みと合わせて会員登録(必要事項をご明記)してください。

 
※イメージは長谷川さんの風景画作品です。
当日は似顔絵について教えていただきます。

【講師】
長谷川 聖子(Mina HASEGAWA)

東京・新宿区生まれ。
カリフォルニア大学バークレー校(University of California,Berkeley)卒。
芸術家の両親のもと、子供の頃から日常的に絵を描いて育つ。
人類学専攻の傍ら美術の面白さに目覚め、アクリル画や水彩画、
デザイン・色彩構成のほか、エッチング・プリントや
シルクスクリーン、エアブラシなどの技術を習得。
卒業後はスケッチブックを片手に年に1~2回欧米を旅行し、
宗教や気候・風土に根ざした人々の暮らしや街並みを描き続けている。
個展で風景画作品を発表する傍ら、新聞や書籍のイラストも手掛けている。

講師の方からひとこと
「そっくりな似顔絵を見ると、思わずクスっと楽しい気分になりますよね。
今回は自分の顔をモデルに、シンプルな線で描く『ゆる可愛い』似顔イラストのコツを
皆さんに伝授したいと思います。
うーんと可愛く仕上げて、手紙やメモにちょこっと添えるトレードマークにしちゃいましょう!」

【お願い】
勉強会の風景はビデオや写真を使って記録し、
今後、サイトやブログ等で、レポートとしてアップしていきます。


カテゴリー: うさぎの会, うさぎの会(東京)   パーマリンク

コメントは受け付けていません。