Carta Bianca うさぎの会「貼箱ワークショップ」

うさぎの会は主に仕事で紙に携わる方の集まりです。

第1回目の勉強会は「貼箱ワークショップ」
お気に入りの紙で作る貼箱 プロに学ぶ制作のプロセスとコツです。

「たかが箱 されど箱。」パッケージの世界は奥が深く面白いもの。
パッケージの中でも、特に貼箱に特化した村上紙器さんでの制作事例をもとに、
その魅力と使い方を探りながら、実際の制作までを行います。

場所  Carta Bianca 心斎橋ギャラリー
日時  2011年6月13日(月)19:00 〜 21:00
参加費 2,000円(厚紙・のり等の材料費込み)
持ち物 貼箱に使いたいお気に入りの紙
    ・サイズ  A5サイズより少し大きめ(200×160mm程度)
    ・枚数   4枚 + 予備(下箱と上箱で各1枚 × 2個 = 4枚)
    ・紙の厚み 四六判70~90kg程度がベスト
    ※紙はこちらでもいくつかご用意しています
定員  10名

お申し込みはこちら ssb@cartabianca1918.com
(定員になり次第受付を終了させていただきます)
※「Carta Bianca うさぎの会」の勉強会となります。
 うさぎの会に会員登録されていない方は、
 申し込みと合わせて会員登録(必要事項をご明記)してください。


制作する貼箱は、名刺が入る大きさの小さな箱となります。
2個制作できますので、お気に入りの紙をご持参ください。

【講師】
村上誠さん(村上紙器工業所 代表)
パッケージ(貼箱)の企画・製造
ブランディングやデザインに力を入れ、手加工による特殊な貼箱を得意とする

講師の方からひとこと
「皆さんもお菓子の箱などで親しんでいる「貼箱」ですが、
実は複雑な構造で出来ています。
今回は製造過程を体験するカタチで学びながら、
貼箱作りを楽しんでください。」

【お願い】
ワークショップの風景はビデオや写真を使って記録し、
サイトやブログ等で、レポートとしてアップしていきます。


カテゴリー: うさぎの会, うさぎの会(大阪)   パーマリンク

コメントは受け付けていません。